スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建国記念の日

2010.02.11 *Thu
建国記念って、いつの建国を記念してんのかなーと
疑問に思ったのでネットで検索してみました。

私はてっきり明治維新の時に日本国(明治政府)が
できたから、その記念の日なのかと思ってました。
天皇に関係のある記念日という認識で。

それだったら、戦争に負けた後、新しい日本ができたわけだから
そのふるい記念日を残しているのはどういう意味なんだろう?

って思ってました。

そしたら、建国っていうのは、神話の世界に片足をつっこんだような
むかしむかしの神武天皇が作ったと言われている日本の建国でした。

日本っていうなまえは、ずーっとずーっと大昔からあったんですね。
知らなかったです…。

偶然にも、買ったばかりの「中国を考える」で「日本」という
名前について対談されている内容が載っていて、
興味深く読みました。楽しい。



2月11日っていう日付は正確に計算されたものではないそうです。

そんなに大昔にどんな暦が使われていたかわからないのに
むりやり西暦に計算しなおして、明治政府がハイこれ!
って感じで決めたようです。

江戸時代までは陰暦を使っていたのに一夜明けて明治時代がはじまったら
いきなり西暦を使い始めたので、庶民はしばらく陰暦を使って生活したり
して正月がずれるとか混乱があったらしいです。

明治政府ってけっこう無理やり始まったんだね。
べつになんでもかんでも西洋化しなくても良かったんじゃ…
という気がしますが、その当時は維新の風がびゅうびゅう吹いていて
勢いに乗ってとまることができなかったのかもしれません…。
そんな無茶してよく国が成り立ったよな…と感心してしまいます。


それはともかく
二月に祝日があるのはとてもありがたいけど
建国記念の日が神話レベルまでさかのぼってるのって
現状にそぐわないような気がします…

古事記とか日本書紀とか読んでて頭に入ってる人がそんなにいるとも
思えないし…。

ちなみに私は読んだことがなくって、日本の神話で知っているのは
いなばのしろうさぎと天の岩戸の話、
いざなぎいざなみはオルフェウスの神話みたいな話だよね…
この程度。


建国記念の日に日本の神話にまつわる番組とか、
まんが日本昔話みたいなのの特別版とか
放送したら、いけないんでしょうか。
自分個人的には見たいです。
古事記とかまじめに読めないから。


そしたらお隣の国から干渉とかされんのかな。


いろいろうるさそうな気もするので
子供向けの学習漫画などで個人的に勉強したいと
思います。


おしまい。
スポンサーサイト
COMMENT : 2
CATEGRY : 未分類

COMMENT

今日は休み~♪


建国記念日ってそんなにざっくりしたものだったのですね・・・
知らなかった、けど人間味があふれていていいかも?(笑)
明治政府の話で思ったのだけど、何でも変化の転換期ってのは無理やり物を進めないといけないことってあるなと思います。その変化期に立ち会った人には負担がいくのだけどね。


日本語教師はボランティア精神が必要なのかぁ、マザーテレサむりっす。。。


マザーテレサ名言集より抜粋。

沈黙の果実は祈りである。祈りの果実は信仰である。
信仰の果実は愛である。愛の果実は奉仕である。
奉仕の果実は平和である。

↑こんなことってなかなか言えないよね・・・
信心ってすごい。
2010/02/13(土) 11:12:04 | URL | 魚 #- [Edit
魚さん
あは。マザーテレサ…っていうのは
ちょっと誇張しすぎだったかもしれない…

偉大すぎて私と同じ人間とは思えません。
たぶん同じ人間じゃない。

私の場合ですが「お金が一本もない」
とか「いっぱいがあるよ」とか言う間違いを
毎日毎日聞かされて毎回訂正している状態で
毎度切れそうになっているので
心が広くないとできないなと思ったわけ★
2010/02/13(土) 22:35:03 | URL | おに六 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

おに六

Author:おに六



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (58)



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © 薫衣草日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。